先日、ゲームマーケット事務局から『出展者向けアンケート』を頂きました。内容はゲムマ2日開催について。いち出展者としてゲームマーケット2日開催について、つらつらと書き綴ってみようかと思います。

回を重ねるごとに規模が大きくなるゲームマーケット。事務局には「会場が広くて1日では全てのブースを見て回れない」という参加者の声が多く寄せられているようです。

これは、『会場が広すぎて隅から隅まで歩くのが大変』というよりも、『気になるゲームについて説明を聞いて、実際に試遊してみるには時間的に余裕がない』という意見なのだと思います。

(ブースを横目で見ながら隅から隅まで歩く分には、小一時間もあれば達成可能かと思いますので)

この問題に対して2日開催は果たして正解なのかどうか・・・。メリットは多分にあると思いますが、もう少し工夫する余地もあるのかなーと、思います。2日開催となると主催者はもちろん、出展者、参加者への金銭面での負担が大きくなると思いますので・・・。

事務局側の工夫としては・・・

たとえば開催時間をあと1時間伸ばす、とか。
動きやすい動線を確保できるようなブース配置にする、とか。
もう少し詳細にジャンルで括って、シマを形成する、とか。

出展者側の工夫としては・・・

試遊卓の回転率を上げるためにショートゲームでお願いする、とか。
あらかじめどんなゲームかWEBで告知しておく、とか。
説明用チラシを用意しておく、とか。

一般参加者の時間との戦いにどれだけ寄与できるか、が工夫の為所かと思います。

と、まぁ色々言いましたが個人的に2日開催は賛成です。単純に販売機会が増えるのは、出展者側にとって大きなメリットです。出展料とか日程とか諸々都合が付けばチャレンジしてみても良いかな、といった所です。

あと、もし2日開催にするなら『ゲームマーケット』という名前自体を変えてしまう、というのもアリかな、と思います。『アナログゲームフェスタ』といった風に、即売会に加えてライブイベント的な要素を取り入れてみるのも一興かと。

そんなわけで春、秋、関西と年三回のペースで開催されるゲムマ。今後、どんな発展を遂げるのか、非常に楽しみであります。